総合病院精神医学
Online ISSN : 2186-4810
Print ISSN : 0915-5872
ISSN-L : 0915-5872
経験
うつ病診療における協同的ケアの実践報告
─臨床心理士による受療行動への介入─
五十嵐 友里河田 真理長尾 文子安田 貴昭堀川 直史
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 26 巻 4 号 p. 389-396

詳細
抄録

うつ病診療における精神科とプライマリケアの連携システムとして,先行研究において協同的ケアが提案されてきた。これまで,日本ではこの協同的ケアの実施報告はなかったが,今回実践したので症例を通してこの取り組みを報告する。協同的ケアでは,プライマリケア医による通常のうつ病診療に加えてケースマネージャーが患者の受療支援を行う。今回の実践では,ケースマネージャーは臨床心理士が担当して電話介入を実施し,精神科医はケースマネージャーに受療支援に関する定期的なスーパーバイズを行った。本稿では,薬剤や副作用に対する不安を訴えた2 例に対する支援を概観しながら今回の協同的ケアの実践を報告し,最後に,協同的ケアで行われた支援について考察した。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本総合病院精神医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top