日本消化器外科学会雑誌
Online ISSN : 1348-9372
Print ISSN : 0386-9768
ISSN-L : 0386-9768
症例報告
FDG-PET/CTにて高集積を示し,膵癌との鑑別に難渋した膵管内乳頭粘液性腺腫の1例
梶原 淳秋田 裕史江口 英利丸橋 繁和田 浩志森井 英一若狭 研一森 正樹土岐 祐一郎永野 浩昭
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2015 年 48 巻 12 号 p. 1007-1014

詳細
抄録

 症例は83歳の女性で,腹部CTにて膵尾部に囊胞性病変を指摘され膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;以下,IPMNと略記)と診断された.その後経過観察されていたが,腹部MRIにて膵尾部の囊胞性病変の近傍に乏血性腫瘤が出現し,超音波内視鏡検査(endoscopic ultrasound;EUS)でも囊胞内の充実成分に一部膵臓への浸潤を疑う所見を認めた.また,FDG-PET/CTにて充実成分へのFDG異常集積を認めたためIPMN由来浸潤癌と診断し膵体尾部切除術を施行した.病理組織学的診断は慢性膵炎を伴う膵管内乳頭粘液性腺腫で,悪性所見は認めなかった.IPMNは通常型膵癌と異なり手術時期に苦慮することがある.囊胞の急速増大を来し悪性を疑う所見を呈したIPMNに対しては膵炎などの影響の可能性も考慮し,慎重な手術適応の決定を行う必要があると思われた.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top