日本消化器外科学会雑誌
Online ISSN : 1348-9372
Print ISSN : 0386-9768
ISSN-L : 0386-9768
症例報告
多発性十二指腸ガストリノーマに対して亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した1例
西村 廣大太田 俊介池山 隆大森 健治
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2015 年 48 巻 12 号 p. 993-1000

詳細
抄録

 症例は54歳の男性で,数年間持続していた下痢が,プロトンポンプ阻害薬投与により改善したことからガストリノーマを疑われ当院を紹介された.精査の結果,十二指腸に4個,膵頭部に1個のガストリノーマを疑った.さらに,副甲状腺機能亢進症も認め,多発性内分泌腫瘍症1型と診断した.膵および多発十二指腸ガストリノーマに対して亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した.切除標本の病理検索で19個の十二指腸ガストリノーマを認めたが,膵頭部腫瘍は粘液性囊胞腺腫だった.術後経過は良好で,現在無再発フォロー中である.多発性内分泌腫瘍症1型に合併する十二指腸ガストリノーマは多発性,小病変を特徴としており,本症例でも術前診断できなかった小病変が多数存在していた.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top