日本消化器外科学会雑誌
Online ISSN : 1348-9372
Print ISSN : 0386-9768
胃切除後骨代謝異常の発生と病態
杉山 貢徐張 嘉源山中 研Keiichi WATANABE施 清源山本 俊郎門口 幸彦片村 宏佐藤 芳樹土屋 周二
著者情報
ジャーナル フリー

1986 年 19 巻 10 号 p. 2129-2133

詳細
抄録

胃切除後の107例に対して無選択的にmicrodensitometry法による骨塩量の測定を行い, 胃切除後骨障害の発生頻度をまたCa infusion試験によりその病態を研究した.
胃切除後骨障害の発生率は38%であり, 術後5年以上経過すると, 胃全摘後では62%に, 胃部分切除後では55%に骨代謝異常を認めた.
胃切除後, 骨障害度の初期になるのにかかる期間は胃全摘後で1年6ヵ月, 胃部分切除後では5年であった.
Ca infusion試験によると, 胃切除後の骨障害例とくに重症例の多くは, Nordinの基準による28%以下で骨軟化症を呈していた.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top