日本消化器外科学会雑誌
Online ISSN : 1348-9372
Print ISSN : 0386-9768
ISSN-L : 0386-9768
消化器癌術後のQOL改善に対する漢方補剤の使用経験
岡本 堯西連寺 意勲本橋 久彦武宮 省治杉政 征夫小林 理赤池 信
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 28 巻 4 号 p. 971-975

詳細
抄録

十全大補湯を始めとする漢方補剤が消化器術後のQOL改善に有用であるという報告が10年程前からみられるようになったが, この背景にはこれらの漢方補剤による免疫能の低下防止や貧血防止, 食欲改善などの諸作用があるものと考えられている. 私共は実験的, 臨床的検討を通して, これらの作用を明らかにしてきた. マウスにおける実験においては, 十全大補湯混合飼料を摂取させることによって, 悪液質誘起作用のあるTNFによる体重減少を阻止し, TNF負荷によって誘導されるNK細胞活性の低下を軽減することが分かった. 悪液質誘起作用の認められているマウス移植腫瘍Colon 26による実験においても, 同様の作用が確認された. 臨床的には, 胃癌, 大腸癌などの消化器悪性腫瘍術後に対する十全大補湯の長期投与109例における術後のQOLについて, 身体的状況については90%以上に, また, 精神的状況については85%に満足しているとの回答を得ている.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top