人文地理
Online ISSN : 1883-4086
Print ISSN : 0018-7216
研究ノート
韓国の高校地理教科書における日本に関する記述の変遷
南 春英
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 70 巻 1 号 p. 93-110

詳細
抄録

本稿では,日本と長い歴史的関係を有する韓国の地理教科書における日本記述の特徴を明らかにすることを目的とする。韓国の高校地理教科書における日本記述は社会的背景の変化と緊密な関係があると思われ,本稿では,韓国高校地理教科書における日本に関する記述の変遷を通じて,その社会的背景についても探っていく。韓国において1946年から2000年代まで使用されている高校地理教科書の,日本に関する記述を量的変遷と質的変遷の双方から分析し,その特徴を明らかにした。韓国高校地理教科書の日本に関する記述量は,教科書全体の3~5%で,ほぼ一定の割合を占めており,2000年代半ばになると,その割合が少し上昇した。また,全時期を通して工業を中心とする経済に関する記述量の多いことが分かった。質的特徴では,戦争に関する記述は感情的要素が入っているかどうかに関わらず続いていたことと,全時期を通して工業がその中心になっていることが分かった。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 人文地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top