頭頸部癌
Online ISSN : 1881-8382
Print ISSN : 1349-5747
ISSN-L : 1349-5747
下咽頭癌の治療法の選択
下咽頭癌の治療戦略
―放射線治療の立場から―
中村 和正塩山 善之中島 寅彦野元 諭大賀 才路鳥羽 隆史吉武 忠正小宗 静男倉富 勇一郎本田 浩
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 33 巻 3 号 p. 305-308

詳細
抄録

下咽頭癌の治療において,化学放射線療法は重要な役割をはたす。九州大学では30~40Gyの化学放射線療法を行い,著効例であれば化学放射線療法を継続し,効果が不十分であれば手術を行うことを原則としている。上記治療方針にて治療された早期下咽頭癌(I,II期)44例の5年疾患特異的生存率は,根治照射群(32例)88.4%,手術群(11例)90.9%で,両群に有意差はなかった。I期9例中8例(88.9%),II期34例中23例(67.6%)に喉頭温存が可能であった。また,進行期下咽頭癌(III,IV期)175例についても,手術群(90例),根治照射群(85例)の疾患特異的生存率に有意差はなかった。しかし,根治照射群での5年局所無再発率は,T1:90.1%,T2:59.7%,T3:46.0%,T4:34.9%であった。化学放射線治療に感受性の高い下咽頭癌に関しては,局所再発が問題となるものの,化学放射線治療は有効な治療法と考えられた。

著者関連情報
© 2007 日本頭頸部癌学会
前の記事 次の記事
feedback
Top