頭頸部癌
喉頭
喉頭癌T3・T4症例の臨床的検討
松尾 美央子力丸 文秀檜垣 雄一郎冨田 吉信
著者情報
ジャーナル 認証あり

38 巻 (2012) 1 号 p. 39-42

詳細
PDFをダウンロード (334K) 発行機関連絡先
抄録

当科の喉頭癌T3・T4の72例の治療成績を検討した。当科では化学放射線同時併用療法(以下CCRT)40Gyで評価を行い,腫瘍が残存していれば根治手術(以下OP),残存なければCCRT続行という治療方針をとってきた。この結果,亜部位別の3生率は,声門上が58%,声門が71%,声門下が100%,T別はT3が75%,T4が46%,N別はN-が78%,N+が56%であった。また3年喉頭温存率は,亜部位別が声門上12%,声門26%,声門下50%,T別がT3 28%,T4 4%,N別がN-29%,N+13%であった。一次根治後の再発率は29%でその救済率は25%と低く,理由の多くは遠隔転移出現であった。これら3生率,3年喉頭温存率および一次治療後遠隔転移出現率において,亜部位とN別における有意差はなかったが,T別でT4がT3に比べ有意に悪い結果であった(p=0.01)。現在当科では,T3はCCRT±OP,T4はOP後CHを行う方針へ変更した。

著者関連情報
© 2012 日本頭頸部癌学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

頭頸部腫瘍

feedback
Top