頭頸部腫瘍
Online ISSN : 1883-9878
Print ISSN : 0911-4335
ISSN-L : 0911-4335
Flow cytometry を用いた耳下腺腫瘍の細胞核DNA量解析
林 達哉高橋 光明熊井 恵美金井 直樹海野 徳二
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 16 巻 2 号 p. 16-20

詳細
抄録

パラフィン包埋材料から試料を作製し, 耳下腺腫瘍39例の細胞核DNA量を Flow cytometry (FCM) を用いて解析し, 組織型・病理組織学的悪性度・予後との関連を retrospective に検討した。
多形腺腫内癌と扁平上皮癌では良性耳下腺腫瘍と比較して aneuploidy を認める率が高かったが, aneuploidy の出現率と予後, および病理組織学的悪性度との間に一定の傾向を認めなかった。
G0G1ピークの4SD以上の細胞の割合 (%>4SD) を細胞の増殖能を表す指標として用い, 検討した結果, %>4SDは良性腫瘍と比較して悪性腫瘍で大きく, また, %>4SDが20%以上を呈する症例で予後不良例が多かった。

著者関連情報
© 日本頭頸部癌学会
前の記事 次の記事
feedback
Top