頭頸部腫瘍
Online ISSN : 1883-9878
Print ISSN : 0911-4335
ISSN-L : 0911-4335
頸部胸腺嚢胞の1例
岩淵 康雄清田 隆二昇 卓夫大山 勝
著者情報
キーワード: 頸部, 胸腺, 嚢胞
ジャーナル フリー

1990 年 16 巻 2 号 p. 82-85

詳細
抄録

頸部腫瘤を呈する先天性形成異常のなかで頸部胸腺嚢胞を経験することはまれである。これまで, 外国では100例ほど, 日本では17例の報告があった。今回われわれは, 4歳女児で, 右側頸部の無痛性腫瘤を訴え, 手術により頸部胸腺嚢胞と判明した症例を経験した。腫瘤は多房性で, 総頸動脈, 内頸動脈との間で複雑な局在を示していた。病理組織学的検査で, 嚢胞壁には Hassal 小体を伴う正常胸腺組織やコレステロール肉芽腫などが散見された。術後経過は良好で, 2年有余を経た現在も再発の兆候はない。あわせて, 日本における頸部胸腺嚢胞報告例18例について若干の文献的考察を加えた。

著者関連情報
© 日本頭頸部癌学会
前の記事 次の記事
feedback
Top