耳鼻咽喉科免疫アレルギー
Online ISSN : 2185-5900
Print ISSN : 0913-0691
ISSN-L : 2185-5900
総説
ヘルパーT 細胞と免疫アジュバントを用いた頭頸部癌免疫治療の開発
熊井 琢美長門 利純高原 幹小林 博也原渕 保明
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 32 巻 3 号 p. 185-190

詳細
抄録

近年,癌治療における新たな戦略としてキラーT 細胞を標的としたペプチドワクチンや樹状細胞療法,遺伝子改変T 細胞療法といった獲得免疫による免疫療法がさまざまな癌腫に対して試みられてきたが,その成果はいまだ満足できる水準に達していない。癌免疫治療による治療効果の更なる改善を目指して多岐にわたる基礎研究が行われており,腫瘍による免疫抑制機構の解明と克服や,より有効な抗腫瘍免疫を惹起しうるアジュバントの開発がその主眼となっている。我々は頭頸部扁平上皮癌の腫瘍抗原としてEGFR (Epidermal Growth Factor Receptor) に着目し,EGFR タンパク由来のペプチド抗原が腫瘍抗原特異的なヘルパーT 細胞を誘導し,抗腫瘍効果を発揮できることを明らかにしてきた。本稿では腫瘍免疫を取り巻く現状を,ヘルパーT 細胞エピトープやEGFR 阻害薬などの分子標的薬を含めた免疫アジュバントを中心にコンビネーションセラピーの可能性を含めて概説する。

著者関連情報
© 2014 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
次の記事
feedback
Top