日本舌側矯正歯科学会会誌
Online ISSN : 1884-538X
Print ISSN : 1883-6216
歯科矯正用アンカースクリューを使用し上下顎歯列弓の圧下により顔貌変化を可能にしたAngle Class II Div1症例
布川 隆三
著者情報
ジャーナル フリー

2015 巻 (2015) 25 号 p. 21-32

詳細
PDFをダウンロード (3870K) 発行機関連絡先
抄録

過蓋咬合を伴うAngle ClassII Div1症例に対して,リンガルブラケット矯正法により上下顎歯列弓に対して歯科矯正用アンカースクリューを併用して治療したところ,II級咬合関係の改善のみならず,上下顎前歯の圧下に加えて上下顎歯列全体が圧下された結果,良好な咬合関係および顔貌変化を得た症例を報告する.

著者関連情報
© 2015 日本舌側矯正歯科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top