J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

音声言語医学
Vol. 50 (2009) No. 2 P 109-115

記事言語:

http://doi.org/10.5112/jjlp.50.109

原著

栄養サポートチーム(nutrition support team: NST)で対象となった患者の摂食・嚥下機能を評価するため,原疾患,主科,年齢構成,栄養の投与経路,対象全体と原疾患別の摂食・嚥下機能の障害の程度について調査した.全入院患者をスクリーニングし,栄養障害と判定された66例を対象とした.対象の86%が65歳以上の高齢者であった.原疾患では神経・筋疾患が29%と最も多かった.経口栄養法は40%で,代替栄養は60%で施行されていた.対象の66%に誤嚥が認められ,42%は経口摂取が行われておらず,摂食・嚥下機能は重度に障害されている結果となった.神経・筋疾患,呼吸器疾患の摂食・嚥下機能は他の疾患と比較し,より重度に障害されていた.NSTの対象となった患者に,安全に経口栄養法を実施するためには,個々の患者の摂食・嚥下機能を評価する必要がある.

Copyright © 2009 日本音声言語医学会

記事ツール

この記事を共有