音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
特集<声の分析と臨床>
音声モーフィングの背景と可能性
 
河原 英紀
著者情報
ジャーナル フリー

50 巻 (2009) 2 号 p. 131-135

詳細
PDFをダウンロード (2051K) 発行機関連絡先
抄録

本稿では, 音声モーフィングと呼ばれる技術が, 声の分析と臨床においてどのような可能性をもつかについて紹介する. 音声モーフィングは, 新しい音声分析変換合成法であるTANDEM-STRAIGHTに基づいている. ここで用いられている分析法は, 病的音声に見られるような複雑な声帯振動にも対応可能であると考えられる. このような分析方法としての可能性に加え, 音声モーフィングとして用いることにより, 治療目標とする声を, 本人の声を用いて事前にシミュレーションできる可能性を有している.

著者関連情報
© 2009 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top