音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
特集<声の分析と臨床>
言語聴覚士の立場から
—音声治療の効果に関するエビデンス—
城本 修
著者情報
ジャーナル フリー

50 巻 (2009) 2 号 p. 136-143

詳細
PDFをダウンロード (393K) 発行機関連絡先
抄録

本報告の目的は, 現時点での音声治療の効果に関するエビデンスを明らかにすることである. 1980年代以降の音声治療の効果に関する文献をButler (2001) らのエビデンスレベルに当てはめて検討したところ, 数は少ないながらエビデンスレベルの高い訓練技法が認められた. 洗練された研究デザインに基づいた効果研究が増え始め, ようやく音声治療は単なるartからart with scienceへと脱却しつつある.

著者関連情報
© 2009 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top