音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
特集<喉頭瘢痕性病変へのアプローチ>
声帯瘢痕の内視鏡診断
二藤 隆春今川 博溜箭 紀子山岨 達也榊原 健一田山 二朗
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 51 巻 2 号 p. 166-170

詳細
抄録

声帯瘢痕は, 手術や外傷による損傷, 炎症の反復などにより本来柔軟な声帯粘膜が硬い瘢痕組織に置換され, 声帯振動の異常から音声障害が生じる疾患である. 瘢痕性病変の部位や程度を正確に評価するには通常の喉頭内視鏡検査では困難であり, 喉頭ストロボスコピーや高速度デジタル撮影が必要である. 患側の声帯振動, 粘膜波動の減弱や消失, 両側声帯間の位相差や声門閉鎖不全などの所見が観測される. 画像解析法として, 声帯振動の時系列的な変化を追うキモグラフや部位ごとの声帯振動の差異を表示可能な喉頭トポグラフなどが活用されはじめ, さらなる発展が期待されている. 症状と喉頭内視鏡検査所見が一致しない場合は, 声帯瘢痕の可能性も念頭におき, 積極的に精査を進めることが重要である.

著者関連情報
© 2010 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top