音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
特集<喉頭瘢痕性病変へのアプローチ>
喉頭瘢痕における3DCTの診断治療における意義
平松 宏之渡嘉敷 亮二北村 珠理本橋 玲野本 剛輝豊村 文将鈴木 衞
著者情報
キーワード: 喉頭瘢痕, 3DCT, 声帯運動障害
ジャーナル フリー

2010 年 51 巻 2 号 p. 171-178

詳細
抄録

喉頭瘢痕症例では, ときに病態が複雑で治療に難渋することがある. 内視鏡では判断できない深部構造の異常が声帯粘膜波動や声帯運動の障害の原因となっている可能性がある. したがって声帯病変のみならず深部の瘢痕, 喉頭の枠組みの変形, 披裂軟骨の偏位や運動障害の有無についても把握する必要がある.
声帯内脂肪注入例, 喉頭外傷症例および喉頭外傷後に喉頭截開術を受けた症例を例に挙げ, 深部に存在する構造異常が声帯の粘膜波動や運動に及ぼす影響について3DCTで検討した. これらの症例は声帯の粘膜波動や声帯運動の障害を認め, 瘢痕病変の存在が疑われた症例である.
声帯内脂肪注入例では過注入により両側の声帯が緊満した結果, 声帯の粘膜波動が障害された. 喉頭外傷症例では輪状披裂関節部での輪状軟骨の骨折と披裂軟骨の脱臼を認めた. 喉頭截開術後の症例では, 片側の披裂軟骨脱臼および両側の甲状軟骨板の上下方向のずれによる声帯レベルの差を認めた. これらは声帯粘膜波動や声帯運動の障害の原因であった.
喉頭瘢痕による音声障害の治療において, 内視鏡で観察できる部分だけでなく, 深部に存在する構造異常の有無についても考慮する必要がある. 3DCTは喉頭領域の複雑な立体配置の描出が可能であり, 喉頭瘢痕症例の評価に適している.

著者関連情報
© 2010 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top