音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
特集<重複障害のある難聴児への聴覚言語獲得支援>
障害の評価と補聴器・人工内耳の適応
小川 洋馬場 陽子山田 奈保子鈴木 雪恵松井 隆道野本 美香小針 香菜鈴木 綾村岡 理恵佐場野 優一大森 孝一
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 51 巻 2 号 p. 199-202

詳細
抄録

われわれが福島県立医科大学付属病院および福島県総合療育センターにおいて, 聴覚障害をもつ重複障害児に対して行っている聴覚獲得支援について報告し, 重複障害児に対する補聴器, 人工内耳の適応について論じる. 重複障害児にとっても人工内耳は聴覚獲得のためには有用な手段となるが, その適応には十分な協議が必要である. 重複障害児において, 補聴器および人工内耳により聴覚補償を行うことは, 非言語的ないし情緒的レベルを含んだコミュニケーションを改善させる観点から有用である.

著者関連情報
© 2010 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top