音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
特集<小児の高次脳機能障害と発達支援:ことばに関する障害を中心に>
自閉症スペクトラムのコミュニケーション障害
藤原 加奈江
著者情報
ジャーナル フリー

51 巻 (2010) 3 号 p. 252-256

詳細
PDFをダウンロード (900K) 発行機関連絡先
抄録

自閉症スペクトラムのコミュニケーション障害は語彙, つづり, 音韻などは良好な一方で複雑な文の理解や暗喩や皮肉の理解が困難であるなど偏りが見られる. さらに独り言は言うのに会話しない, あるいは会話のルールがわからないなどさまざまなレベルでの言語使用の障害がその特徴となっている. その背景には中枢性統合理論と親和性の高い低連結性理論や社会脳の障害など脳の情報処理の違いが論じられている. さまざまな高次脳機能障害を併せもつ自閉症スペクトラムの言語訓練は神経心理学的検査などの包括的な評価を基に, その障害特徴を考慮し効果的に行えるよう工夫が必要になる.

著者関連情報
© 2010 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top