J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

音声言語医学
Vol. 53 (2012) No. 2 p. 148-152

記事言語:

http://doi.org/10.5112/jjlp.53.148

原著

本稿では,ダウン症児の日常生活における初期の空間語彙の理解と動詞理解との関連性を明らかにすることを目的として,家庭における理解語記録シート(母親記入)の資料を基に検討した.その結果,「もらう」「あげる」「行く」「食べる」「もって来る」「もって行く」等の動詞の理解があって空間語彙の理解が見られ始めた.空間語彙については,2歳5ヵ月10日から2歳11ヵ月27日の期間に「~の中に」「ここ」「~の上に」「あそこ」の順に理解された.「~の下に」はやや遅れ,3歳3ヵ月6日に理解が見られ,並行して「立つ」「ふく」「片づける」「消す」「閉める」の動詞が理解され始めていた.以上の結果から本稿で対象としたダウン症の事例においては,初期の空間語彙の理解が動詞理解と並行し,自らが行為することや移動・運動の過程で空間語彙の理解が進展していると考えられた.

Copyright © 2012 日本音声言語医学会

記事ツール

この記事を共有