J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

音声言語医学
Vol. 54 (2013) No. 2 p. 150-152

記事言語:

http://doi.org/10.5112/jjlp.54.150

短報

高齢社会の到来とともに在宅には嚥下障害患者が急増している.それにもかかわらず,嚥下診療をめぐる環境はまだ整っていない.そのなかで,耳鼻科医として行ってきた診療を紹介し,今後の嚥下診療のあり方,そのための課題について報告した.

Copyright © 2013 日本音声言語医学会

記事ツール

この記事を共有