J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

音声言語医学
Vol. 55 (2014) No. 4 p. 277-283

記事言語:

http://doi.org/10.5112/jjlp.55.277

総説

嚥下障害の原因疾患は脳卒中,パーキンソン病や頭頸部腫瘍術後など,多岐にわたる.嚥下障害の病態を正確に評価し,原因疾患に適した治療を選択して,リハビリテーションなどの治療をチームで施行する必要がある.また,症例によっては治療を一施設のみで完結することはできないため,摂食・嚥下障害者を取り巻く関連施設や関連職種などとの地域連携が必要である.本論文では,当院での摂食・嚥下リハビリテーションの病態別対応と地域連携の実践を脳卒中,パーキンソン病の慢性期重度嚥下障害3例を提示して紹介する.

Copyright © 2014 日本音声言語医学会

記事ツール

この記事を共有