音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
症例
高齢で発症した心因性吃音症例の経過
谷合 信一前新 直志田中 伸明栗岡 隆臣冨藤 雅之荒木 幸仁塩谷 彰浩
著者情報
ジャーナル フリー

56 巻 (2015) 2 号 p. 192-198

詳細
PDFをダウンロード (625K) 発行機関連絡先
抄録

高齢で突発した心因性吃音の症例を経験した.症例は70歳男性,肺炎で他院入院中に突然吃音を発症.当科初診時,口腔・咽喉頭に器質的異常なく,構音障害や失語症も認めなかった.語頭音のくり返しを主症状とする吃音を認め,随伴症状を認めた.訓練は,発話速度低下訓練とカウンセリングを併用した.訓練実施後から吃音症状は徐々に軽減し,訓練開始3ヵ月半でほぼ消失した.本例の特徴は,吃音が獲得性で突然発症している,発話は語頭音のくり返しが多い,随伴症状がある,数ヵ月の訓練で著明に改善している,画像所見で突発した吃音を説明できる病変がない,発症誘因と推察される入院に伴う強いストレスがある,吃音の原因となる他疾患の可能性がないことがある.これらの特徴から,本例は心因性吃音であると考えられた.

著者関連情報
© 2015 日本音声言語医学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top