音声言語医学
原著
性同一性障害Female to Male症例の男性ホルモン投与による話声位基本周波数の継時的変化
二村 吉継佐久間 航南部 由加里岩橋 美緒
著者情報
ジャーナル フリー

56 巻 (2015) 4 号 p. 348-356

詳細
PDFをダウンロード (1565K) 発行機関連絡先
抄録

性同一性障害Female to Male(FTM/GID)症例に対する男性ホルモン投与では声が低くなることが経験的に知られているが,経時的解析を行った報告はほとんどない.今回,男性ホルモン投与中のFTM/GID 23例を対象に話声位基本周波数を経時的に測定しその変化を解析した.男性ホルモン投与開始時,1ヵ月,2ヵ月,3ヵ月,6ヵ月,9ヵ月,12ヵ月経過時点において楽な発声での母音を録音し基本周波数を測定した.投与開始1ヵ月経過時点から3ヵ月経過時点の間に特に急速に音声が低下した.音声の低下は6ヵ月経過時点まで有意であり,その後12ヵ月まではわずかな低下があったが有意差は認めなかった.また投与開始時点と6ヵ月経過時点の話声位基本周波数は有意な相関を認めた.
音声が低下すると同時に声帯は発赤および肥大化し,喉頭隆起は顕在化した.男性ホルモン投与により声帯の肥大化と喉頭の枠組みが増大することで音声が低下すると考えられた.

著者関連情報
© 2015 日本音声言語医学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top