音声言語医学
原著
小学校6年生の典型発達児群の漢字単語音読における配当学年,一貫性,親密度,心像性の効果
三盃 亜美宇野 彰春原 則子金子 真人
著者情報
ジャーナル フリー

57 巻 (2016) 3 号 p. 287-293

詳細
PDFをダウンロード (429K) 発行機関連絡先
抄録

小学校6年生典型発達児245名を対象に,漢字単語音読の正確性について,配当学年,一貫性,親密度と心像性の効果を検討した.誤読率に関して上記の効果を検討するために,「改訂版 標準 読み書きスクリーニング検査(STRAW-R)―正確性と流暢性の評価」における漢字単語126語の音読課題を実施し,単語属性が統制された単語を抽出して解析した.配当学年×一貫性,配当学年×親密度,配当学年×心像性の交互作用がそれぞれ有意だったことから,1)一貫性効果と親密度効果は配当学年の低い単語に比べ高い単語に対してより大きい,2)心像性効果は配当学年の高い単語に対してのみ有意である,3)配当学年の効果は高心像語に対して認められないという3点が示された.配当学年が低い単語と高い単語それぞれの一貫性効果,親密度効果,心像性効果を検討することで,非語彙処理や語彙処理の発達を把握することが可能ではないかと思われた.

著者関連情報
© 2016 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top