音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
短報
Elite Vocal Performersを対象とした音声障害の診療に対する意識調査
―アンケート調査報告―
二村 吉継文珠 敏郎東川 雅彦南部 由加里平野 彩中村 一博片平 信行駒澤 大吾渡邊 雄介
著者情報
ジャーナル フリー

58 巻 (2017) 1 号 p. 34-43

詳細
PDFをダウンロード (497K) 発行機関連絡先
抄録

Elite Vocal Performers(EVP)は職業歌手や舞台俳優など自身の声を芸術的に用いパフォーマンスを行う職業者である.EVPは声質改善にきわめて繊細な治療も希望する.そこで今回耳鼻咽喉科医,音声専門医に対してどのような意識をもって受診しどのような治療を希望しているのかを明らかにするため,EVPに対してアンケート調査を行った.
選択形式の設問28問,自由記載式の設問3問の冊子を作成し,無記名の記入式アンケート調査を実施した.EVP 92名(男性41名,女性51名)から回答を得た.内容は「声の症状」「耳鼻咽喉科診察および歌唱指導について」「沈黙療法について」「ステロイド治療について」「声の悩みの解決方法」「診療に対する希望について」等である.
沈黙療法を指示されたことがある者は64%であったが,適切な期間を指示することが重要であると思われた.ステロイド剤による治療を受けたことがある者は68%であり,投薬を緊急時にのみ望む者とできれば望まない者がほぼ半数ずつであった.

著者関連情報
© 2017 日本音声言語医学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top