音声言語医学
原著
日本語話者児童の読み困難における二重障害仮説の適用
―小学3年生を対象として―
澁谷 文恵宇野 彰
著者情報
ジャーナル 認証あり

58 巻 (2017) 1 号 p. 6-14

詳細
PDFをダウンロード (483K) 発行機関連絡先
抄録

二重障害仮説(Wolf and Bowers,1999)は,発達性読み書き障害の原因となる認知障害として,音韻認識障害に加えて呼称速度障害も重要であるとする仮説である.また,音韻認識単独障害群や呼称速度単独障害群と比較して,どちらの障害も併せもつ二重障害群は読みの成績が最も低いと報告されている.本研究では,公立小学校通常学級に通う日本語話者の小学3年生94名を対象に,二重障害仮説が適用されるかどうか検討した.同じ小学3年生を対象とした英語圏でのSunseth and Bowers(2002)およびドイツ語圏のWimmerら(2000)と同じ基準を用いて分類した.その結果,どちらの基準を用いても日本語話者小学3年生は二重障害仮説に基づく下位分類群に分類可能だったが,二重障害群は単独障害群と比べて必ずしも重い群ではなく,二重障害仮説は一部においてのみ適用が可能であると思われた.

著者関連情報
© 2017 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top