音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
原著
吃音者の就労と合理的配慮に関する実態調査
飯村 大智
著者情報
キーワード: 吃音, 就労, 合理的配慮
ジャーナル 認証あり

2017 年 58 巻 3 号 p. 205-215

詳細
抄録

吃音が就労にさまざまな影響を与えることが国内外の研究で指摘されており,合理的配慮の必要性が求められているが,吃音者に必要な具体的な合理的配慮については十分に検討されていない.そこで本調査では吃音者182名を対象に就労や合理的配慮に関する質問紙調査を実施した.結果,吃音は就労に大きな影響を及ぼし,電話,大人数での会話,発表,朝礼などを困難としていることが示された.具体的な配慮については,「吃音の正しい知識をもってもらう」「吃音のある自分を受け入れてもらう」「苦手な場面や言葉があることを理解してもらう」「言葉以外で評価してもらう」などが挙げられた.また,年齢が低い人ほど就労で困難を抱え,これらの配慮を必要としていることが示された.本研究より,吃音者の就労の実態と必要な合理的配慮に関する一つの知見を示すことができたと考えられる.

著者関連情報
© 2017 日本音声言語医学会
次の記事
feedback
Top