音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
原著
平仮名および片仮名の音読に表記妥当性が及ぼす影響
―functional MRIを用いた検討―
髙山 みさき大西 英雄城本 修
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 58 巻 3 号 p. 253-259

詳細
抄録

われわれはfunctional Magnetic Resonance Imaging(fMRI)を用いて,平仮名および片仮名の読字処理ルートと,表記妥当性が音読に及ぼす影響について検討した.健常成人29名に対して,平仮名もしくは片仮名で表記した表記妥当性が高い単語および表記妥当性の低い単語の音読課題を実施した.片仮名高妥当性課題は左右眼窩野,左紡錘状回,左中後頭回,左鳥距溝に,低妥当性課題は左中前頭回,左紡錘状回,左角回,右上前頭回,右上内側前頭回に活動を認めた.平仮名高妥当性課題では,左中眼窩野,左右中側頭回,左角回,左右中後頭回,右前方帯状回に,低妥当性課題は左中眼窩野,左紡錘状回に賦活を認めた.平仮名,片仮名はともに背側経路で処理され,読字処理に関与する脳部位は共通することが示された.さらに,表記妥当性は視覚的な認知や情報の統合に影響を与え,妥当性が低いほど処理負荷が強いことが示唆された.

著者関連情報
© 2017 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top