音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
原著
歌唱者における上咽頭炎による音声障害
楠山 敏行池田 俊也中川 秀樹沢田 亜弓木村 晋太
著者情報
ジャーナル 認証あり

58 巻 (2017) 4 号 p. 333-338

詳細
PDFをダウンロード (354K) 発行機関連絡先
抄録

音声障害を訴える歌唱者のなかで急性上気道炎症状を伴わない慢性上咽頭炎(以下上咽頭炎)が原因と思われる症例に対して1%塩化亜鉛による上咽頭処置(Bスポット療法)を行い,その治療効果を検討した.過去1年7ヵ月間にBスポット療法前後に内視鏡検査,音声検査,Voice Handicap Index-10(VHI-10)およびSinging Voice Handicap Index-10(SVHI-10)による評価が可能であった歌唱者53例を対象とした.内視鏡所見,VHI-10,SVHI-10,および最長発声持続時間における有意な改善を認めた.SVHI-10減少幅が5以上の症例は41例で78%の改善率であった.以上より上咽頭炎は音声障害の原因疾患の一つと考えられ,Bスポット療法は上咽頭炎による音声障害に対し有効であることが示唆された.また,その病態は自律神経系に関連する喉頭潤滑障害と上咽頭の共鳴障害であると考察した.

著者関連情報
© 2017 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top