音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
原著
発達性ディスレクシア児童生徒の視覚的分析および文字入力辞書の発達
─漢字を刺激とした文字/非文字判別課題と語彙判断課題を用いて─
三盃 亜美宇野 彰春原 則子金子 真人粟屋 徳子狐塚 順子後藤 多可志
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 59 巻 3 号 p. 218-225

詳細
抄録

本研究では,発達性ディスレクシアのある児童生徒(ディスレクシア群)を対象に,漢字を刺激とした文字/非文字判別課題と語彙判断課題を行い,定型発達児童生徒(定型発達群)の成績と比較して,視覚的分析と文字入力辞書の発達を検討した.文字/非文字判別課題では,実在字刺激に対してディスレクシア群と定型発達群の正答率に有意差は見られなかったが,実在字と形態が類似する非実在字に対してディスレクシア群の正答率は定型発達群よりも有意に低かった.また語彙判断課題においては,実在語,同音擬似語,実在語と形態が類似する非同音非語に対して,ディスレクシア群の正答率は定型発達群よりも低かった.実在語と形態が類似していない非同音非語に対しては正答率に有意差はなかった.以上の結果から,本研究のディスレクシア群の視覚的分析と文字入力辞書は定型発達群ほど発達していないと考えられた.

著者関連情報
© 2018 日本音声言語医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top