音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
ISSN-L : 0030-2813
症例
吃音質問紙による工夫・回避,恐れに対する評価が有効であった成人吃音の1改善例
塩見 将志福永 真哉水本 豪池野 雅裕矢野 実郎永見 慎輔岩村 健司都筑 澄夫
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 61 巻 2 号 p. 188-195

詳細
抄録

吃音の評価では,吃音者が使用している工夫・回避を詳細に把握すること,吃音者が抱く場面に対する恐れを確認することが必要である.しかしながら,吃音検査法(第2版)および進展段階による評価では,観察のみでは評価が困難な症状である工夫・回避をどのように確認するかについての具体的な方法は記されていない.また吃音検査法(第2版)と進展段階では,吃音者の日常生活場面での恐れについての評価項目はない.本症例研究では,自由会話場面の観察では工夫・回避を確認できず,吃音検査法(第2版)と進展段階では日常生活場面に対する恐れの状態が評価できなかった1症例に対し,吃音質問紙を実施した.その結果,使用していた工夫・回避と恐れの強い日常生活場面を評価することが可能となり,吃音に改善が認められたことから,本症例研究では吃音質問紙で「工夫・回避」と「日常生活場面での恐れの状態」を評価することの重要性が示された.

著者関連情報
© 2020 日本音声言語医学会
前の記事
feedback
Top