音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
ISSN-L : 0030-2813
総説
発達障害という,カタチのないもの
田中 学
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 61 巻 4 号 p. 299-302

詳細
抄録

発達障害(神経発達症群)は脳機能の障害であり,その症状が通常低年齢で発現するものといわれている.発達障害の個々のカテゴリーの診断は客観的な評価に基づくといわれるが,実際には主観的判断が入ることが多い.ASDやADHDには本来の一次障害たる根本的な神経発達的問題があり,診断基準に挙げられている症状は顕在化したものが多くを占める.適切な支援のためには,個々の症状が生じた理由・背景を併せた理解が必要である.

著者関連情報
© 2020 日本音声言語医学会
次の記事
feedback
Top