日本医真菌学会雑誌
Online ISSN : 1882-0476
Print ISSN : 0916-4804
ISSN-L : 0916-4804
総説
Candida albicans におけるMRS (Major repeated sequence) の構造と機能解析
―遺伝子型解析への応用と全ゲノム解析の永い道のり―
知花 博治三上 襄
著者情報
キーワード: 染色体欠損, 動原体
ジャーナル フリー

2006 年 47 巻 3 号 p. 129-134

詳細
抄録

Candida albicans のゲノムにはMRS (major repeated sequence) を中心とする数種類の反復配列が含まれている. 2004年にC. albicans の全ゲノム配列が発表されたが, MRSが主な原因となりassembleとfinishingを困難にし, 現在でも染色体ごとに1本に編集されたゲノム配列の報告には至っていない. しかし, 一方でMRS (Ca3, 27A, RPSが含まれる.) は, 菌株ごとにシークエンスやサブリピート構造に多型性を現すため, 種の簡易同定や菌株の分類同定などに用いられ, C. albicans の疫学調査に役立てられて来た. ここでは, MRSの構造解析から全ゲノム構造解析に至るまでの過程とMRSの菌株分類への応用や, さらに最近の知見からMRSが, C. albicans の交配型や薬剤感受性, 糖の資化性など様々な形質に関与することが分かって来たことを紹介する.

著者関連情報
© 2006 日本医真菌学会
次の記事
feedback
Top