日本医真菌学会雑誌
Online ISSN : 1882-0476
Print ISSN : 0916-4804
ISSN-L : 0916-4804
Malassezia furfurのリパーゼについて
吉池 高志冉 玉平小川 秀興
著者情報
キーワード: リパーゼ
ジャーナル フリー

1993 年 34 巻 4 号 p. 417-419

詳細
抄録

Malassezia furfurのリパーゼは菌体不溶成分に局在しており, 至適pH5.0, 皮表環境と同じ弱酸性である. リパーゼ活性剤であるsodium taurocholate (STC) によって2倍近い活性化を受けた. リパーゼ活性は菌増殖速度と相関し, 活性を賦活するような条件 (酸性pH, STC添加) では, 菌増殖も促進した. しかもその場合, 胞子型から菌糸型への転換が一部で認められた. 以上のことから, M. furfurのリパーゼはその菌増殖および形質転換において重要な役割を担っているものと考えた.

著者関連情報
© 日本医真菌学会
前の記事 次の記事
feedback
Top