J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本医真菌学会雑誌
Vol. 45 (2004) No. 3 P 131-136

記事言語:

http://doi.org/10.3314/jjmm.45.131


皮膚は,直接外界と接し,多彩な免疫機構によって生体を防御している免疫臓器である.皮膚の免疫機構の中で貪食細胞はカンジダや皮膚糸状菌などの感染時に重要な働きをしているが,貪食細胞が表皮と真皮をとわず皮膚の病巣に集蔟するためには,貪食細胞の活性化を誘導する炎症性サイトカインが深く関与しているものと考えられる.
そこで皮膚の真菌感染時におけるケラチノサイトから産生されるサイトカインを検討するため,培養ケラチノサイトにカンジダ,皮膚糸状菌,マラセチアを感作させ,ケラチノサイトから培養液中に放出された炎症性サイトカイン(IL-1β,IL-6,IL-8,MCP-1,TNF-α)をELISA法を用いて測定した.その結果,カンジダではIL-8,皮膚糸状菌ではIL-8,TNF-α,マラセチアではIL-1β,IL-6,IL-8,TNF-αの産生が確認された.
以上の結果から,これら真菌の刺激が表皮に及ぶと,ケラチノサイトから炎症性サイトカインが分泌され,それによって白血球の遊走や,補体の活性化が惹起され炎症が進行し,感染真菌が排除されるものと思われる.したがって皮膚真菌症の病態解明や治療戦略にとって,ケラチノサイトにおける真菌によるサイトカインの誘導や発現を解明することは重要であると考えられる.

Copyright © 日本医真菌学会

記事ツール

この記事を共有