看護科学研究
Online ISSN : 2424-0052
ISSN-L : 2424-0052
資料
在宅における終末期患者の死亡確認の現状と特定看護師の役割
- 訪問看護師のインタビューから -
長谷川 健美高野 政子市瀬 孝道
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 14 巻 1 号 p. 1-10

詳細
抄録

本研究の目的は、訪問看護師の語りから在宅における終末期患者の死亡確認までの現状を明らかにし、特定看護師の役割を検討することである。対象者は5 ヶ所の訪問看護ステーションに勤務する、終末期の死亡確認の経験のある訪問看護師10名であった。研究は質的記述的研究デザインを用いて、在宅における死亡確認の現状について半構成的面接を行った。語りを類似の文節ごとにコード化して、カテゴリーを抽出した。訪問看護師が在宅での終末期患者の受け持ちの困難について、《訪問看護師の業務調整》 《終末期の家族への対応》 《在宅で看取れない》 の3つのカテゴリーが抽出された。また、在宅における死亡確認時の困難については《タイムリーな死亡確認の困難》 《医師・看護師間の統一した方針(困難なし)》 といったカテゴリーが抽出された。終末期医療では、医師や看護師の連携を強化する必要がある。一方、訪問看護師は死亡確認時の対応に困難があることが明らかになった。現状より死亡確認時の特定看護師による新たな役割が期待できる。

著者関連情報
© 2016 看護科学研究編集委員会
次の記事
feedback
Top