J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本鳥学会誌
Vol. 63 (2014) No. 2 p. 311-316

記事言語:

http://doi.org/10.3838/jjo.63.311

短報

筆者らは2010年6月に長野県富士見町で冬鳥であるジョウビタキPhoenicurus auroreusの繁殖を確認した.この事例が偶発的なものか否かを確認するために,同地域で経年調査を実施した.その結果,ジョウビタキは富士見町で4年間繁殖を継続し,茅野市および塩尻市で2013年に4つがいが繁殖していた.したがって,ジョウビタキは八ヶ岳周辺で継続的に繁殖していると判断され,今後,繁殖地域の拡大が予想される.見つかった全ての巣はリゾート地ないし別荘地の定住者が居る建物の人工物の中に造られていた.

Copyright © 2014 日本鳥学会

記事ツール

この記事を共有