日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
短報
八ヶ岳周辺におけるジョウビタキの繁殖と定着化
林 正敏山路 公紀
著者情報
ジャーナル フリー

63 巻 (2014) 2 号 p. 311-316

詳細
PDFをダウンロード (3046K) 発行機関連絡先
抄録

筆者らは2010年6月に長野県富士見町で冬鳥であるジョウビタキPhoenicurus auroreusの繁殖を確認した.この事例が偶発的なものか否かを確認するために,同地域で経年調査を実施した.その結果,ジョウビタキは富士見町で4年間繁殖を継続し,茅野市および塩尻市で2013年に4つがいが繁殖していた.したがって,ジョウビタキは八ヶ岳周辺で継続的に繁殖していると判断され,今後,繁殖地域の拡大が予想される.見つかった全ての巣はリゾート地ないし別荘地の定住者が居る建物の人工物の中に造られていた.

著者関連情報
© 2014 日本鳥学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

feedback
Top