日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
ISSN-L : 0913-400X
短報
鳥の巣における生物間の相互作用:シジュウカラ・苔・蛾・蜂の関係
濱尾 章二樋口 正信神保 宇嗣前藤 薫古木 香名
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 65 巻 1 号 p. 37-42

詳細
抄録

 シジュウカラ Parus minor の巣材47営巣分から,巣材のコケ植物と発生する昆虫を調査した.巣材として21種のコケが使われており,特定のコケを選択的に用いる傾向があった.巣材から,同定不能のものを含め7種のガ成虫が発生した.巣立ちが起きた巣でガが発生しやすい傾向があり,一因として雛の羽鞘屑が幼虫の餌となることが考えられた.巣立ち後野外に長期間置いた巣で,ケラチン食のガが発生しやすい傾向があり,巣の使用後にガ成虫が訪れ産卵することが示唆された.さらにガに寄生するハチが見いだされた.シジュウカラの営巣はこれらの昆虫にとって繁殖可能な環境を作り出していることが示された.

著者関連情報
© 2016 日本鳥学会
前の記事 次の記事
feedback
Top