日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
広島県沿岸部におけるエナガ Aegithalos caudatus のつがい形成と冬季群形成
上野 吉雄佐藤 英樹
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 50 巻 2 号 p. 71-84

詳細
抄録

広島県沿岸部において1988年11月から1990年7月にかけて,のべ406個体(うち,巣内雛に117個体)のエナガに標識してつがい形成および繁殖生態について調査した.
1)調査地は森林•宅地•農耕地などが複雑に入りくんだ林縁部で,11月から翌年の2月にかけてみられる冬季群のメンバーは安定しており,それらの行動圏も決まっていた.
2)成鳥が繁殖期の前に移動し,群れ間でのつがい形成が普通に起こることが明らかになった.
3)冬季群は繁殖期に解消され,繁殖期には群れそのものが存在しないことが明らかになった.
4)繁殖終了後,冬季群形成前に多くの個体が消失する一方,調査地外から移入してくる個体がいることが明らかになった.
5)冬季群のメンバーは,前年と同じ群れに残っていた成鳥,調査地内で出生した幼鳥からなる標識個体,調査地外から移入してきた幼鳥を含む未標識個体で形成されたが,移入個体が半数近くを占あたので,林縁部のエナガの冬季群が血縁集団である可能性はうすいと考えられる.
6)ヒナが孵化した巣では高い割合でヘルパーが現れたが,中でもオス親がヒナの孵化以前に消失した巣にヘルパーが現れる率は非常に高かった.
7)履歴の確認できたヘルパーはいずれも繁殖に失敗し配偶者が消失したオスであった.

著者関連情報
© 日本鳥学会
前の記事 次の記事
feedback
Top