日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
ムギ萎縮病の研究
VI. ムギ萎縮病ウイルスの土壌伝播機作 (続報)
宮本 雄一
著者情報
ジャーナル フリー

1959 年 24 巻 4 号 p. 207-212

詳細
抄録

1) 低温下 (0∼2°C) で乾燥し, 無酸素下 (5∼10°C) で貯蔵した, 病葉中のコムギ縞萎縮病ウイルス (WYMV) およびオオムギ縞萎縮病ウイルス (BYMV) はともに, 2年後においてもかなり強い感染力を示した。
2) 前報より引続き行つた実験の結果, 病土から分離濃縮された粘土部分 (<2μ) 粒子の病原性の強いことが, 播種試験および摩擦接種試験により, 再確認された。これらの粘土部分の粒子中には線虫類を全く認めず, また特記すべき頻度であらわれる糸状菌または細菌類を認めなかつた。さらにこの粘土フラクション中には, 根毛と判別できる植物の組織を認めなかつた。
3) 罹病植物汁液を粘土鉱物およびその他の土壌に吸着させ, 比較的高温下 (10∼15°C) で貯蔵した結果, WYMVおよびBYMVはともに, 約8カ月後の次のシーズンまでわずかながらその病原性を維持した。
4) 以上の諸事実とこれまでの実験結果から, ムギ萎縮病ウイルスの土壌伝播機作を説明するためには, 必ずしも特定の微生物的媒介者あるいは罹病植物の残根の存在を必要とせず, 蛋白質を吸着し保護すると考えられる粘土部分の土壌粒子 (無機および有機のコロイドを含む) がこれらのウイルスを吸着して伝播者の役割を果しているものと考える。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top