日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
Xanthomonas citriのファージ・細菌相互関係,とくに他のXanthomonas属細菌との比較について
後藤 正夫M.P. STARR
著者情報
ジャーナル フリー

1972 年 38 巻 3 号 p. 226-248

詳細
抄録

Xanthomonas citriのテンペレート・ファージはクロロホルム処理によって完全に不活化されたが,ビルーレント・ファージは同処理に安定であった。供試したX. citri 87菌株96培養のうち81培養がCp1かCp2,または両者によって溶菌された。またXanthomonas属細菌43種136菌株中,7種9菌株(X. begoniae, X. blepharidis, X. cucurbitae, X. phaseoli, X. phaseoli var. sojense, X. marantae, X. translucens f. sp. phleum-pratense)がX. citriファージの少なくとも一つに感受性を示した。Stolp-Starr (1964)が分離したファージのうち,ファージph25は他のxanthomonadsに対するのと同様に,X. citriの大部分の菌株に対しても溶菌作用を示す点で特徴があった。一般に土壌から分離されたファージには,寄主範囲がきわめて広く,かつ小型溶菌斑を形成するものが多いのに対し,病斑組織から分離されたファージには寄主特異性が高く,溶菌斑の大型のものが多かった。両者はまったく異なった範ちゅうに属するものと考えられ,Xanthomonas属細菌のファージ・細菌相互関係を検討する場合,両者を区別して考察しなければならないことを示唆した。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top