日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
ダイズベと病の病斑中での蔵卵器および卵胞子形成に及ぼす水と温度の影響
稲葉 忠興日野 稔彦
著者情報
ジャーナル フリー

1980 年 46 巻 4 号 p. 480-486

詳細
抄録

ダイズベと病の病斑を20Cで7日間水に浸漬(水浸漬処理,水と空気とに触れている状態)するか,または湿潤状態におくと卵胞子を多数形成した。その数は湿潤処理より水浸漬処理の方が多かった。ところが,病斑を水に沈めた場合およびシャーレ中に放置した場合には卵胞子は形成されなかった。水浸漬処理について温度の影響を調べた結果, 5Cでは蔵卵器も卵胞子も形成されず, 25Cでは蔵卵器だけがわずかに形成された。10Cでは蔵卵器が処理4日後から徐々に形成され,卵胞子は10日後に形成されたが,それらの数は少なかった。15Cでは蔵卵器は3日後から多数形成され始め, 4日後に最高となり,その後減少した。卵胞子は蔵卵器形成より2日遅れて形成された。20Cにおける蔵卵器形成は15Cと同様の経過であり, 4日後に最高となった。卵胞子形成は15Cの場合と異なり,蔵卵器形成より1日遅れて形成された。15Cと20Cで形成された卵胞子の数には差は認められなかった。水浸漬処理によって形成された蔵卵器は36.0×40.2μmであり,卵胞子は27.6μmであった。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top