日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
各種植物に対するコロナチンとインドール-3-酢酸の生理活性比較
酒井 隆太郎
著者情報
ジャーナル フリー

1980 年 46 巻 4 号 p. 499-503

詳細
抄録

イタリアンライグラスかさ枯病菌Pseudomonas syringae pv. atropurpureaが生産する病原毒素コロナチンの生理活性をインドール-3-酢酸と比較した。その結果ジャガイモ塊茎組織切片の吸水作用(細胞拡大生長)はコロナチンで高く,リョクトウの黄化胚軸切片の伸長作用はインドール-3-酢酸が優れれていた。一方,コムギの幼植物根の生育に対しては,両物質とも同様の阻害を示した。これらの結果,コロナチンとナーキシンでは植物組織に対する特異性が異なることが予想された。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top