日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
いもち病菌を接種したイネ品種の葉鞘における菌糸生育と宿主反応の観察
荒瀬 栄勝田 実糸井 節美
著者情報
ジャーナル フリー

1983 年 49 巻 5 号 p. 698-703

詳細
抄録

いもち病菌をイネ葉鞘に接種し,菌糸生育と宿主反応を観察した。イネいもち病菌に対して異なる抵抗性遺伝子をもつ9イネ品種に非親和性いもち病菌レースを接種すると,菌糸の生育は品種間で大きく異なった。すなわち,イネ品種関東51号やとりで1号では非親和性レースの菌糸生育は非常に不良であった。これらの品種では,非親和性レースの侵入菌糸は第1次侵入細胞に限定されていた。しかしイネ品種石狩白毛やヤシロモチでは非親和性レースの侵入菌糸は葉鞘細胞内でよく発達していた。これら2品種におけるいもち病菌の行動や宿主細胞の形態的変化は親和的組み合わせで認められるものによく似ていた。さらに立毛状態のこれら2品種の葉鞘に非親和性イネいもち病菌レースを接種すると,10日後に葉鞘表面に感受性病斑に似た病斑が形成された。一方,イネに病原性のないいもち病菌とイネ品種の組み合わせでは,すべての組み合わせにおいて菌糸生育は抑制された。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top