日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
キュウリモザイクウイルスY系統RNA3の全塩基配列決定ならびにQ系統との比較
新田 直人増田 税桑田 茂高浪 洋一
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 54 巻 4 号 p. 516-522

詳細
抄録

キュウリモザイクウイルスY系統RNA3の全塩基配列を決定し,既報のQ系統RNA3の塩基配列と比較した。その結果, Y系統の塩基配列から5'側にコードされている3A蛋白は273アミノ酸,また3'側にコードされているウイルス外被蛋白は218アミノ酸から成ると予想され, Q系統における3Aおよび外被蛋白のアミノ酸残基数333および236とは大幅に相違した。両系統の3'末端領域は,塩基配列にかなりの相違があるにもかかわらず,類似の2次構造を取りうることが判明した。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top