日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
クリかいよう病を起こすPseudomonas syringae pv. castaneae pv. nov.
高梨 和雄清水 寛二
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 55 巻 4 号 p. 397-403

詳細
抄録

1977年頃から滋賀県マキノ町において,クリの越年枝にこぶ様の膨みが生じ,やがて皮層部がかいよう状の症状を呈し,芽や枝が枯れ込む被害を起こす新しい病害が発生し,筆者らはクリかいよう病と命名した。
滋賀,三重,および岐阜の3県下のクリ罹病越冬枝に生じたかいよう症状,新梢のがんしゅ症状から分離された細菌株を,クリの新梢に針束付傷接種したところ自然発生病徴と似たがんしゅを形成し,病原性が認められた合計144菌株は,生理・生化学的性質が均一で,ビワのがんしゅ病病原細菌Pseudomonas syringae pv. eriobotryaeと高い類似性を示した。また数種木本植物に対する病原性でも近似の反応が示された。しかし,本病病原細菌はクリの発育中の新梢に表面粗造ながんしゅ状こぶ病斑を形成すること,およびビワ実生苗に付傷接種すると,接種8週間後まではビワがんしゅ病菌と同様な症状で推移したが,それ以降,がんしゅ状壊死部の剥離がおこり,12週間後には病斑部の治癒がみられるなどの病原性の相違が認められ,両菌は近縁な病原性を有する細菌と考えられるが,本病原細菌がクリに特異的に病原性を示すことから新しいpathovarとするのを適当と考え,Pseudomonas syringae pv. castaneae pv. nov.と命名することを提唱した。そしてC3菌株をpathotype strainと指定し,ICMP No.9419, NIAES No.2088,また,C17とC47菌株をreference strainとして,それぞれICMP No.9420, NIAES No.2089およびICMP No.9421, NIAES No.2090の番号で寄託した。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top