日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
キュウリモザイクウイルスサテライトRNA 4分離株の比較
増田 税林 由美子王 蔚芹高浪 洋一
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 56 巻 2 号 p. 207-212

詳細
抄録

栃木県下の畑で採集したキュウリモザイクウイルス(CMV)感染植物からCMVのサテライトRNA (satRNA) 4分離株(S19-, T43-, T62-, T73-satRNA)を得,それらの物理的,生物学的性質について比較検討した。S19-とT73-satRNAはY-satRNAと同様にトマトに軽いモザイクを生じるのに対して,T43とT62はトマトにえそ症状を誘導した。塩基配列決定の結果,T43とT62は384塩基からなる同一のサテライトRNAであることが判明した。これらの塩基配列を相互にあるいは他のCMV satRNA分離株と比較したところ,S19-とY-satRNAとの間で91%, T43-とOY2-satRNAとの間で94%の高い相同性が認められた。各分離株の塩基配列中に共通するopen reading frameはみられず,satRNAはその生物活性に必須のタンパク質をコードしていないものと考えられた。寄主植物としてタバコを,ヘルパーウイルスとしてCMV-Oを用いて,それぞれのsatRNA分離株とY-satRNAとを混合接種した結果,T43-の複製能はY-satRNAのそれより優勢で,T73-とY-satRNAの複製能はほぼ同等か,あるいは前者がやや優れていた。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top