日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
エンバク野生種の栽培・すき込みが土着微生物相とトマト土壌病害発生に及ぼす影響
小長井 健坂本 一憲宇佐見 俊行雨宮 良幹宍戸 雅宏
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 71 巻 2 号 p. 101-110

詳細
抄録

緑肥エンバク野生種の栽培・すき込み後のトマト土壌病害の発生をピシウム苗立枯病,リゾクトニア苗立枯病,萎凋病,半身萎凋病および青枯病を対象に調査した結果,半身養凋病のような進行の遅い土壌病害の発生が抑制され,特に非殺菌時にその効果が顕著に認められた.その原因として,エンバク野生種栽培・すき込みに伴う土着の土壌微生物相の量的および質的変化による影響が,希釈平板法,微生物活性量およびPCR-DGGE法から示唆された.また,エンバク野生種由来の化学物質の抗菌性が関係している可能性も示した.

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top