心身医学
Online ISSN : 2189-5996
Print ISSN : 0385-0307
多彩な解離症状を呈した思春期女子の1症例
加藤 直子山岡 昌之一條 智康森下 勇
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 43 巻 9 号 p. 609-615

詳細
抄録

多彩な解離症状を呈した15歳女子に対し,本人へのカウンセリングおよび薬物療法,さらに親へのガイダンスを行い,症状の改善が認められたので報告した.思春期の解離症状に対しては,退行的側面と前進発達的側面の理解が必要である.家族および治療者は,行動化や外傷体験の背後にある情緒に共感し,解離した体験をつなぐ補助自我的な役割を果たす一方で,発達阻害的な退行を助長しないことが肝要であると思われた.解離症状に伴う強い不安や興奮,身体化症状には薬物療法が有効であった.

著者関連情報
© 2003 一般社団法人 日本心身医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top